肌粗しょう現象にご注意!

骨粗しょう症は、加齢やホルモンの低下、そしてカルシウム不足などにより、骨の中がスカスカの状態になって、骨がもろくなる病気を指しますが、これと同じようなことが、肌にも起こり得るのです。

加齢により細胞生成能力が弱くなると、肌が薄くなったり、肌の弾力を支えるバネ構造がもろくなり、肌がスカスカ状態になります。これを肌粗しょう現象と言います。
肌粗しょう現象は、誰でも起こり得る現象で、年を経ると体力が落ちるように、肌の基礎体力もどんどん落ちていきます。そうすると、若い時分のようにコラーゲンやエラスチンを作り出せなくなってくるのです。この現象に陥らないようにするには、それらの成分を作りやすい環境にしてやることが大事です。肌粗しょう現象は、誰にでも起こるので、用心しなければなりません。

 

最近、肌にハリがなくなって、妙にやわらかさを感じる。皮膚を引っ張るとシワっぽい感じが中々戻らなくなった。などの人は注意しなければなりません。深刻化すると、肌のたるみやハリの低下など、色んな肌のトラブルを引き起こすことになります。その対策としては、表面の保湿だけでなく、肌内部にまで浸透させることが必要になります。肌粗しょう現象が悪化しないよう、日々、ケアしていきましょう。

 

ハリのある肌作りのための化粧品はこちら

 

 

ほうれい線を消す化粧品

ほうれい線の改善はまずはしっかり保湿することです。自分で納得できる化粧品でしっかりケアしていきましょう。