知っているようで知らない美容液の役割

美容液の役割は、化粧水の保湿力を補強することにあるので、化粧水よりも高濃度の保湿成分が配合されています。そして、肌のトラブルを改善する役割もあり、シミやシワなどを改善する効果があります。そうしたことから、美容液には、美肌効果があると言われています。
化粧水では補えない部分や、美白や保湿などの目的に応じて、集中的にケアできるのが美容液の役割といって良いでしょう。美容液には高濃度の美容成分が配合されているので、化粧水よりも成分は充実しています。その分、値段も高価になりますが、美肌には欠かせない基礎化粧品の1つです。

 

美容液の役割を十二分に実感するには、慎重に選ぶ必要があります。購入する前には、しっかり成分を調べ、消去法で選択すると良いでしょう。特に、合成ポリマーや合成界面活性剤、アルコールなどが配合されているものは避けるべきで、天然ポリマーのものを選びましょう。美容液は、自分で作ることも可能ですが、自分の肌質や肌の状態を把握した上で作らなければなりません。精製水と目的の美容成分を混ぜ合わせ、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、コラーゲン、ホホバオイルなどの精油を配合するといいでしょう。

美容液の使い方で肌は変わる

美容液を上手に使うには、まず、その役割をしっかり理解する必要があります。美容液の本来の役割は、水分を補う事ではなく、美白やアンチエイジングでもありません。最大の役割は、補った水分を保つ事にあります。

 

美容液には、保湿成分がたっぷり含まれています。保湿機能が高い美容液を上手に使うには、まず、化粧水で充分に水分を補った後、すぐに使う必要があります。水分で潤った肌をしっかり保湿して、内部に閉じ込めるためです。美容液を使用する時は、擦らないようにして、やさしく顔全体になじませていきます。特に目や鼻、唇の周りなど、乾燥しやすい部分には、念入りにケアします。

 

美容液はいつ使うかが重要で、基本は、洗顔後、化粧水をつけ、肌が潤った状態で使うのが普通です。乳液やクリームなど油分のあるものは、美容液の後に使用します。洗顔、化粧水、美容液、乳液の順に使うのが上手な使い方になります。洗顔後いきなり美容液を塗ると、実力を発揮することはできません。

 

また、乾燥が気になる人は、美容液をたっぷり塗り、その後、肌が乾き切る前に、クリームで蓋をすることです。

美容液の使い分けしている人もいます

美容液を使うとき、同じ美容液を使ってしまってから次のを購入したりしていました。
たぶん大抵の人がそうなんだとは思いますが、それよりももっと肌が綺麗になる美容液の使い方をしりました。

 

例えば

  • 保湿美容液
  • ビタミンC入り美容液
  • ビタミンA入り美容液

 

と3種類の美容液を揃えま。そしてその日の肌状態に合わせて美容液を変えていくという使い分けです。これすると肌も気分転換できより綺麗になれるといいます。また、同じ美容液ばかり使うことで肌に免疫ができ効果が出てないように感じるのだといいます。

 

確かに言われてみて思ったんですが、新しい化粧品をトライアルセットで購入した時など凄く良いと感動し本品を買い、使い続けるんだけどやっぱり物足りないかも?なんて思った経験ありますよね。新しい商品って肌も喜ぶのでしょうね。

 

 

また、美容液を使うとき、手のひらに乗せて使いますよね。
しっかりスキンケアした後は、手のひらに美容液が残った状態ですので、髪も手のひらでなでてあげるとパサパサだった髪に潤いがでますよ。

 

ほうれい線を消す化粧品

ほうれい線の改善はまずはしっかり保湿することです。自分で納得できる化粧品でしっかりケアしていきましょう。